練馬区のあるワンルームマンションを防音施工した時の工事の様子です。

仕上げてしまうとクロスでわからないのですが、防音工事はそのほとんどが見えない下地工事です。

そこではどんな工事が行われているのでしょうか?わかりやすく解説します。

配管の隙間をふさぎます。

壁天井前面に高比重制振遮音シートを隙間なく張っていきます。

高比重制振遮音シートの上から制振材を貼り付けます。壁天井は455mm間隔で張ります。

制振材の間にはロックウールを敷き詰めます。

天井⇒壁⇒床の順に施工をします。

収納の扉などは撤去します。収納の内部にも防音施工をします。

床にも同じように制振材を敷きます。303mm間隔で

床積載荷重200KGです。アップライトピアノを置く部分は202mm間隔で敷設し、その部分は構造用合板などを使います。

制振材の間には床用ロックウール120~150KG 厚さ40mmを敷き詰めます。

壁用ロックウールは60KG~80KGを使います。

床レベルが決定したら、建具工事です。

まず木製防音ドアを取り付けます。

木製防音ドア1枚での性能目安は▲30~35dbです。

続いて収納の建具を取り付けます。色は白であわせました。

上から複層に重ねて石膏ボードを貼ります。比重と厚さの違うボードを組み合わせるのがコツです。

床仕上げのフローリングを貼ります。

既存サッシに加えて防音サッシを取り付けます。既存サッシとの間隔はできる限り開けるようにします。

防音下地工事が出来上がりました。後はクロスを貼っておしまいです。

残念ながら今回はお客様が引っ越しを急がれていたので最後の写真をとりそこねてしまいした。(笑)

今回の防音工事 

施工費の目安 210万円(防音施工面積7.5畳)

性能の目安 ▲50db

設計施工 インフォレント

Print Friendly